WiMAX for you(ワイマックスフォーユー)

menu

インターネット回線全般

工事不要で無制限!最新のおすすめインターネット回線情報を解説!

工事不要で無制限!おすすめNo.1インターネット回線情報!

最終更新日:

今の時代は固定回線いらず!?
月1,500円以上も安い、工事不要な高速インターネット回線を徹底解説!

インターネット回線の契約を検討している方の中には、「工事不要な回線では、速度や通信の安定性が不安」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方も、ご安心ください。スマホやパソコンが当たり前となった今、ポケットWiFiなどの工事不要なインターネット回線も、安さそのままに高速化、安定化してきているんです!

そうは言っても、実際に比較しないと不安という方もいらっしゃるはず。そこで、当サービスが、工事不要なインターネット回線と固定回線を比較し、おすすめの回線を徹底解説。

当ページで、「お得」かつ「快適」に利用できる、あなたに合った工事不要なインターネット回線を見つけていただくことができます。

早速、工事不要なインターネット回線がなぜおすすめなのか、固定回線との比較を見ていきましょう。

なぜ工事不要なインターネット回線がおすすめ?固定回線と比較

工事不要なインターネット回線と聞いて、皆さん具体的にどのようなものかイメージは湧くでしょうか。
インターネットと言えば、家でケーブルを繋いで接続するんじゃないの?
中には、このようにお考えの方もいらっしゃるはずです。

それでは具体的に、工事不要なインターネット回線にはどのようなものがあるのか。 ここからは工事不要なインターネット回線の特徴と、これまで主流だった固定回線の比較を見ていきましょう。

工事不要なインターネット回線

工事なしでインターネット回線に接続する場合、ルーターと呼ばれる端末を経由し、スマホやパソコンなどをインターネットに繋ぐのが一般的です。

そ工事不要でインターネットを利用する方法は以下の2種類。
  • ポケットWiFi
  • ホームルーター

※ポケットWiFiというのは本来ワイモバイルの商標。モバイルWiFiというのが正式名称ですが、現在は一般的にポケットWiFiという呼び方が認識されているため、当ページでもポケットWiFiと呼んでいきます。

工事不要なインターネット回線①
ポケットWiFi

皆さんご存知の通り、ポケットWiFiなら、ご自宅はもちろん、持ち運び可能なため外出先でも工事不要でインターネット回線を利用することができます。

もう既に、外出先や出張先でインターネット回線を使うために、契約されている方もいらっしゃるかもしれません。

「ドコモ光」や「auひかり」に代表される固定回線は、ケーブルを使った有線接続が必要であるという点と比較すると、ポケットWiFiは持ち運びができるというのがポイントです。

工事不要なインターネット回線②ホームルーター

あまり馴染みがないかもしれませんが、ホームルーターは、ポケットWiFiと違い、自宅に設置するタイプのルーターです。

自宅でコンセントに繋ぐだけでインターネット回線へ接続できるため、工事不要で簡単に安定したインターネット回線を利用することができます。

ポケットWiFiと比較して、ホームルーターは持ち運びができませんが、通信速度や安定性が優れているというのが特徴です。

ポケットWiFiもホームルーターも、固定回線と比較して月額料金が安く、端末が届き次第、すぐに利用可能。もちろん工事不要なため、固定回線のような「マンションの取り決めで工事ができなかった」などという事態を避けることができます。

ただ普段使う分には全く困らない速度ではあるものの、固定回線の通信速度や通信の安定性を超えるというのは難しいのも事実。そのため、高速通信が必要となる株取引やリアルタイムのオンラインゲームをされる方には、ポケットWiFiではなく、固定回線がおすすめです。

固定回線と工事不要なインターネット回線を比較

それでは、具体的に固定回線と工事不要なインターネット回線の違いは、どれほどのものなのでしょうか。固定回線と工事不要なインターネット回線の違いをまとめると、以下の通りです。
 
工事不要な
インターネット
回線
固定回線
下り最大
通信速度
2.7Gbps 1~2Gbps
実質月額料金 4,000~5,000円 4,000~6,000円
持ち出し ×
使用可能データ量 3日15GB 無制限
利用開始
までの期間
端末が届き次第
(最短即日)
工事完了次第
(申込から1,2か月後)
※工事不要なインターネット回線は、WiMAXのデータを参照
工事不要なインターネット回線の場合、やはりポイントは料金の安さとすぐに利用を開始できるという点です。

また、これまで通信速度に関しては、圧倒的に固定回線の方が高速・安定でした。今も固定回線の通信の方が質は高いですが、工事不要のインターネット回線も通信機能が向上しています。

上記の表の通り、理論上、ポケットWiFiでも固定回線以上の最大通信速度が出るようになりました。 また、工事不要なインターネット回線も、以前と比較してかなり使いやすくなっているのも事実です。

例えば、WiMAXの回線である、UQコミュニケーションズ提供の最新回線サービス「WiMAX +5G」と、旧サービス「WiMAX2+」を比較すると下記の通り。
WiMAX +5G 下り最大2.7Gbps
WiMAX2+ 下り最大1.2Gbps

2021年4月から提供が開始されたWiMAX +5Gでは、旧サービスの倍以上、通信を高速化させることに成功しました。このように、私たちがどこでも快適にインターネット回線を利用することができるよう、通信回線は進化し続けているんです。

上記の固定回線との比較結果から、工事不要のインターネット回線には、以下のような特徴があることがわかりました!
  • 工事不要なため工事費、時間が節約できる
  • 端末が届き次第、すぐにインターネット回線を利用できる
  • 引っ越し、出張先でも工事不要ですぐ利用可能
  • 通信速度は、固定回線に及ばずとも、次第に改善されている
  • 月額料金が安い場合も多い
  • 使用できるデータ容量が決められていることもある


こんな方におすすめ!工事なしのインターネット回線

ここまでご説明してきた工事不要なインターネット回線のWiMAX。より具体的に、どのような方におすすめなのか最後にご紹介していきます。

料金をとにかく安く抑えたい方

やはり、皆さんが気になるポイントはその利用料金。

工事不要なWiMAXなら、費用面がかなりお得。工事費がない上に、前述した通り、月額の利用料金も安く抑えることができます。

WiMAXなら新社会人や学生など、一人暮らしの方でも安心して、工事不要な高速のインターネット回線を利用することが可能です。

忙しくて工事の立ち合いが難しい方

共働きの夫婦の方など、普段忙しくされているという方にも工事不要なインターネット回線がおすすめ。

工事が必要な固定回線ですと、どうしても工事の立ち合いが必要となってしまいます。その点、工事不要なインターネット回線WiMAXなら、立ち合いの必要はありません。

また、申し込みも簡単。ほとんどのWiMAXプロバイダは、WEBで申し込みが可能です。わざわざ、家電量販店などのお店へ足を運ばずとも、インターネット回線を利用することができます。

今後引っ越しする可能性がある方

また、現在のマンションや戸建てのご自宅から今後引っ越す可能性があるという方も、工事不要なインターネット回線WiMAXで間違いなしです。

というのも、固定回線は最初の1度だけでなく、引っ越し先でも工事が必要。その度に、間と事費がかかってしまいます。

その点、工事不要なインターネット回線であれば、引っ越し先はもちろん、外出先でも簡単、かつすぐに利用可能です。

もちろん、ご自宅でしかインターネットを使わないという方には、コンセントに繋ぐだけのホームルーターもあります。将来も見越して、契約をするのであれば、やはり工事不要なインターネット回線がおすすめとなります。

1人暮らしや2人暮らしの方

工事不要のインターネット回線では、多くの場合、通信可能なデータ容量が決まっています。最近は大容量になっているとはいえ、多くの人数で使用するとすぐに通信容量を超過する可能性も。

しかし、1人や2人での使用であれば、通信制限にかからず快適に利用できるでしょう。

また、1人暮らしの賃貸住宅では、固定回線の工事が不可能な場合もあります。その点、工事不要のインターネット回線であれば、すぐに利用を開始できるので安心です。
家族全員での利用は不向き?

工事不要なインターネット回線で注意したいのが、お子様など含め家族全員でインターネットを利用する場合。

例えば、両親がパソコンで動画を視聴、お子様がスマホを利用するなど、それぞれがインターネット回線を利用するとデータ量を大量に使うことになります。そのため、速度制限の条件であるデータ容量をすぐに超えてしまう可能性があります。

そのような方には、固定回線がおすすめです。固定回線であれば、通信容量や通信速度の制限なく利用できます。

また、ポケットWiFiやホームルーターの複数台契約という手もあります。ホームルーター1台、ポケットWiFi端末を数台というように分けて契約すれば、自宅用と持ち出し用で使い分けることも可能です。

家族全員で大容量使うという場合は、WiFiをどのように使うのかに合わせて、契約するWiFiを決めましょう

それでは、具体的に工事不要なインターネット回線には、どのようなものがあるのでしょうか。次からは、工事不要なインターネット回線を大手4社で比較していきます。

ポケットWiFiなら、ズバリ無制限のWiMAXがおすすめ

工事不要なインターネット回線には、ポケットWiFiとモバイルルーターがありました。こちらでは、持ち運びのしやすいポケットWiFiを比較していきます。

ただ、ポケットWiFiとは言っても、その種類は様々。au、ドコモ(docomo)、ソフトバンク(Softbank)などの大手携帯キャリアはもちろん、他にもY!mobileやWiMAXなどがあります。

その中でも、おすすめなのがWiMAX回線です。他社と比較し、WiMAXは「データ容量実質無制限」「高速」、「安い料金」の三拍子が揃っているんです!

その事実を確かめるべく、工事不要なインターネット回線、UQコミュニケーションズが提供するWiMAX2+回線と、その他3社のポケットWiFiをそれぞれポイントごとに比較していきましょう。

利用可能なデータ通信量

1つ目のポイントは、インターネット回線、ポケットWiFiを使うにあたってのデータ通信量です。
WiMAX ドコモ ソフトバンク ワイモバイル
データ通信量 月間無制限
3日間15GB
30GB~無制限
あり
(契約
次第)
月間50GB 月間無制限
3日間10GB

大手4社を比較し、工事不要なポケットWiFiでデータ通信量をより多く利用できるのは、ドコモとWiMAX、Y!Mobileという結果でした。ただし、ドコモは契約プランによっては月間30GBまでの利用となります。

WiMAXとY!Mobileは、3日間で一定以上使ってしまった場合、速度制限となってしまいます。その理由は、一部のへービーユーザーによって回線を占有されてしまった場合、普段あまりデータ量を使わない一般ユーザーも混雑の被害を受けてしまうため。

つまり、皆さんが平等にインターネット回線を利用できるようこの制限が設けられています。また、制限とは言っても、WiMAXが翌日18時から翌々日2時までの約8時間。Y!mobileが、翌日の18時から翌々日の1時までの約7時間と短時間です。

また、次項の速度比較でもお話しますが、速度の制限も非常に緩いもの。そのため、どちらも工事不要、かつ実質無制限でインターネット回線を利用することができるようになっています。

実はドコモのポケットWiFiも、一定の使用量を超えると速度制限がありますが、公式サイトでは明かされていません。そのため、条件はWiMAXやY!Mobileとほとんど同じであると考えてよいでしょう。

以上を踏まえると、工事不要で実質無制限のポケットWiFiの中でも、より制限の緩いWiMAXかドコモがおすすめです。

インターネット回線の通信速度

次は、工事不要なインターネット回線の速度を比較していきます。
WiMAX ドコモ ソフトバンク ワイモバイル
下り最大速度 2.2Gbps 4.2Gbps 2.4Gbps 2.4Gbps
制限時速度 1Mbps 128Kbps 128Kbps
~1Mbps
1Mbps

他社と比較すると、ドコモのポケットWiFiが、最も高速という結果になりました。とはいえ、この最大下り通信速度は理論上の速度であるうえ、どの回線も5Gを利用した高速通信であることに変わりありません。

最大通信速度を実現できるのは、ほんの一部のエリアであるため、あまり重視する必要はありません。 注目すべきは、先ほど簡単にお話した速度制限時の速度

ドコモとソフトバンクの速度制限時の速度は、128Kbpsです。この128Kbpsという速度は、スマホが速度制限になった場合の速度と同じ。つまり、ポケットWiFiであっても、スマホの速度制限時と同様、インターネット検索すら時間がかかってしまう程の速度となってしまいます。

一方、WiMAXとY!mobileの速度制限時の速度は1Mbps。こちらは、Youtubeなどの動画でも、通常画質であれば問題なく視聴することができる速度です。

最大速度で考えれば、ドコモのポケットWiFiが最善かもしれません。ただ、速度制限時であっても高速なインターネット回線を利用できるという点で、実質無制限のWiMAXをおすすめします。

利用料金

最後に、契約に際して、最も気になる方が多いポケットWiFiの利用料金です。当サイトは本当に安いポケットWiFiを調査するため、キャンペーン等を含めて計算し、5G通信プランの実質月額料金を比較しました。
WiMAX ドコモ ソフトバンク Y!Mobile
料金 4,551円 8,399円 6,082円 5,428円
工事不要インターネット回線の料金に関しては、上記の通り、WiMAXが格段に安い料金となっています。

同じデータ量無制限のドコモやY!mobileと比較しても、その差は歴然。ドコモのポケットWiFiの場合、最も高速通信が可能ですが、料金もその分かなり高い設定となっています。

工事不要なインターネット回線大手4社のポケットWiFiについての比較は、いかがでしたでしょうか。工事不要なインターネット回線の中で「データ量」「通信速度」「料金」を見ると、WiMAXが最も優れているということが、おわかりいただけたと思います。

最後に、大手4社の比較データをまとめたのでご参考にしてみてください。    
WiMAX ドコモ ソフトバンク ワイモバイル
データ
通信量
月間無制限
3日間15GB
30GB~
無制限あり
(契約次第)
月間50GB 月間無制限
3日間10GB
下り
最大速度
2.2Gbps 4.2Gbps 2.4Gbps 2.4Gbps
制限時
速度
1Mbps 128Kbps 128Kbps
~1Mbps
1Mbps
実質料金 4,551円 8,399円 6,082円 5,428円

※表は左右にスクロール可能です。


工事不要!ホームルーターのおすすめは?

工事不要なインターネット回線であるポケットWiFiは、WiMAXが圧倒的に優秀でした。 それでは、ご自宅用のホームルーターであれば、どこがおすすめなのでしょうか。

ポケットWiFiでも比較した4社のうち、工事不要なホームルーターを発売しているのはWiMAXとドコモ、ソフトバンク。そのホームルーターの種類は、以下の2種類となります。
  • WiMAX「Speed Wi-Fi HOME L02」
  • Softbank「Softbank Air」
  • docomo「home 5G HR01」
ここからは、工事不要な自宅用インターネット回線であるホームルーターについて、ポケットWiFiと同様「データ量」「速度」「料金」の面から比較していきます。

利用可能データ量

まずは、ポケットWiFiと同じく、ホームルーターで利用可能なデータ通信量を見ていきます。
WiMAX Softbank docomo
データ通信量 月間無制限
(3日で10GB)
無制限 無制限
ポケットWiFiとは違い、ソフトバンクもホームルーターではデータ量が無制限です。

ただし、ドコモとソフトバンクの公式サイトでは、以下のような注意書きも。
ソフトバンク
ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

※参照:https://www.nttdocomo.co.jp/home_5g/
ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

特定エリアおよび特定時間帯におけるネットワークの高負荷が一部のお客さまの利用によるものと考えられる場合であって、過去3ヵ月の利用状況からその再現性が非常に高いと判断されたときのみ、サービス安定提供のため、該当のお客さまに対する速度制限を行う場合があります。

※参照:https://www.softbank.jp/ybb/air/data-about/
つまり、データ量は無制限ですが、使い過ぎた場合や混雑する時間は速度制限をかけますというもの。

そのため、ドコモもソフトバンクも、工事不要なホームルーターで無制限にデータ量を利用することはできますが、公平性を保つために制限はかかってしまう可能性があるということになります。

そのため、データ容量に関しては、3社のどのホームルーターも大差なく利用可能です。

ホームルーターの通信速度

次に、工事不要で利用できるホームルーターの通信速度です。
WiMAX Softbank docomo
下り最大速度 2.7Gbps 0.962Gbps 4.2Gbps
制限時速度 1Mbps 非公開 非公開
速度制限にかかっていない場合の通信速度は、ドコモ、WiMAX、ソフトバンクの順で高速となりました。

一方、速度制限時に関しては、SoftbankAirとdocomo home 5G HR01の速度は公表されていません。そのため、ポケットWiFiと違い、速度制限時の速度は比較できませんが、通常時の下り最大速度を比較すると、ドコモのホームルーターが最も高速で通信が可能となっています。

利用料金

最後に、WiMAXとソフトバンクのホームルーターの利用料金について、それぞれ比較していきます。
WiMAX Softbank docomo
3年実質
月額料金
4,551円 5,066円 6,052円

こちらも、WiMAXはポケットWiFiと同様の月額料金となっています。一方、ソフトバンクやドコモのホームルーターの料金はポケットWiFiよりは安いものの、500~1,500円程度高くなっています。

実質利用料金では、WiMAXと3年で最大50,000円ほどの差が出る計算です。

実質無制限の高速通信かつ、安く利用できるのであれば、工事不要のホームルーターもWiMAXで間違いなしです。

ホームルーターの比較データは以下の通りとなるので、こちらもご参照ください。
WiMAX Softbank docomo
データ通信量 月間無制限
(3日で10GB)
無制限
※短期間制限有
無制限
※短期間制限有
下り最大速度 2.7Gbps 0.962Gbps 4.2Gbps
制限時速度 1Mbps 非公開 非公開
3年実質
月額料金
4,551円 5,066円 6,052円

ここまでの比較結果からわかるとおり、工事不要のインターネット回線を選ぶならWiMAXがおすすめです

インターネット回線の開設を検討されている方は、工事不要で料金も安く、無制限と使い勝手の良いWiMAXを契約してみてはいかがでしょうか。

工事不要の
インターネット回線No.1!
WiMAXの最安
プロバイダを見る