WiMAX for you(ワイマックスフォーユー)

menu

WiMAX

WiMAX(ワイマックス)キャンペーン比較【2021年最新版】

最終更新日:

失敗しないWiMAX(ワイマックス)のキャンペーン選びが1から分かる!

「WiMAXのキャンペーンが複雑すぎてわからない」「結局どれが一番おすすめなの?」

こういった悩みをお持ちで色々なサイトを見て、契約先をご検討中ではないでしょうか?

しかしどのサイトもおすすめが違っていたり、中々あなたにとって最適のキャンペーンを見つけるのは難しいですよね。

そこで、当サイトでは1つ1つWiMAXのキャンペーンについてわかりやすくまとめていきます。

当ページをご覧になると、「今、あなたが最も申し込むべき」WiMAXのキャンペーンが見つかります。

モバイルWiFiサービスについて徹底比較している当サイトだからこそわかるWiMAXキャンペーンの裏側から、最安値のキャンペーンまでご紹介いたします。


おすすめはどれ?WiMAXのキャンペーンを徹底比較!

※初めてWiMAXやポケットWiFiをご契約するお客様向けに基本情報をお伝えします。「おすすめがいち早く知りたい!」という方は2021年最新トレンド情報へをお進みくださいませ

前提条件!本家UQWiMAXと他社プロバイダは同じ!?

まず、「WiMAXのキャンペーンとはいっても色々ありすぎて分からない・・・」という疑問に対して、「その理由」を1つ1つ紐解いていきたいと思います。



WiMAXのキャンペーンを見ていく際に、意外と知らずに契約してしまうお客様が多いのが、下記の前提条件

どのWiMAXプロバイダ(代理店)で契約してもUQコミュニケーションズ社が提供する本家のUQWiMAXと「速度・エリアは全く同じ!」ということ。

つまり、キャンペーン・料金プラン以外の条件はどのWiMAXプロバイダでも同じなんです。

意外とこの前提を知らずに、契約後に「ほかのWiMAXプロバイダのキャンペーンを使って申し込めばよかった」という方が多くいらっしゃるのです。

プロバイダ(代理店)の中には、ヨドバシカメラ・ビックカメラといった家電量販店などの実店舗もあります。しかし、基本的には当サイトがご紹介するBroadWiMAX、あるいは固定回線のプロバイダも運営するSonet、GMOとくとくBB、BIGLOBEなど、WEBに特化したプロバイダのほうが「店舗・人件費」両面から見て圧倒的にユーザー様に還元できるので、お得になっています。



次に、おすすめのキャンペ-ンがわかりにくくなっている理由について見ていきましょう。その大きな理由は下記の3点になります。

この3点をしっかり理解すれば、WiMAXのキャンペーンを最大限に活用して「お得に」契約できます。

それでは、上記3点について各社のキャンペーンがどのように違うのか見ていきましょう!

※クリックすると各情報に飛べます。1つ1つ見たい方はそのままお進みください。
今すぐトレンド情報を知りたい方はこちらへ。


大きく分けて3種類!WiMAXのキャンペーン種類を一覧で紹介

早速3種類あるWiMAXのキャンペーンにはそれぞれどんな特徴があるのか、見ていきましょう!
  • WiMAXの代名詞!キャッシュバックキャンペーン
  • 100%WiMAXがお得!月額割引キャンペーン
  • ipadやタブレットが0円?端末プレゼントキャンペーン

※端末プレゼントキャンペーンはすでに終了しています。

どれも非常にお得そうに見えますね。しかし、結論から言いますとそれぞれの特徴を理解することが重要です。
キャンペーンの種類 キャンペーンの
特徴
キャッシュバック

とにかく還元金額が大きい!
ただし受け取り忘れの可能性がある。
※参考:キャッシュバックの真実

月額料金
割引

100%確実にお得!
還元金額はキャッシュバックに劣る。

端末
(ipadなど)
プレゼント

※既に終了
現在、端末のプレゼントを行っているプロバイダは見つかりませんでした。

POINT

WiMAXのキャンペーンを比較する際は、「割引総額を差し引いた実質負担料金」と「キャッシュバックを受け取れないリスク」の2つを理解する必要があります!


「総額○○円お得!」の表記に注意

次に、「○○円お得!」というキャンペーンの注意すべき裏側をご紹介しましょう。

なぜ注意すべきかと言いますと、実は本来なら0円で提供するWiMAXプロバイダが多い下記の料金が含まれていることがほとんどだから。
  • 端末代金(約20,000円)
  • LTEオプション料(1,105円×3年間=39,780円)
他のプロバイダなら無料で使えるはずのサービスに料金を支払うのは損ですよね。そうならないためにも、WiMAXのキャンペーンは下記の計算で見るのがポイントです!

月額料金×契約月+初期費用+オプションなどその他費用-キャッシュバックや割引の総額=「実質負担総額」


実は旧端末?最大○○円キャッシュバックは落とし穴

次に、先ほど全種類のWiMAXキャンペーンでご紹介したキャッシュバックについてです。この特典は、確かに受け取り忘れのリスクがありますが、実際のところ人気のキャンペーンとなっています。

しかし、そのキャッシュバックキャンペーンには注意すべき点があります。それが、「最大○○円キャッシュバック」という表記。

実は「最大○○円」の表記、満額受け取れない場合があります。プロバイダのキャッシュバックには様々な条件があり、全ての条件を満たしてはじめて全額受け取ることができるので、受け取れないこともあるんです。

キャッシュバックの条件などは注意事項に小さく書かれているため、見逃してしまう方が多いかもしれません。しかし、キャッシュバックが受け取れなかった場合、その金額分だけ損をしてしまいます。そうならないためにも注意事項をしっかり確認することをおすすめします。

2021年最新トレンドは「安心でお得」なキャンペーン

ここまで、損をしないで契約するために業界全体のWiMAXキャンペーンについてまとめてきました。次に、これまでの内容を踏まえて2021年に選ぶべきキャンペーンを比較していきましょう!

前項でご紹介した「キャッシュバックや割引総額を差し引いた実質負担料金」と「キャッシュバックが受け取れないリスク」という2つのポイントを踏まえて、キャンペーンを比較していきます。

キャンペーンの種類 実質負担料金 損するリスク
キャッシュバック
キャンペーン
×
月額割引
キャンペーン
キャンペーンがない
or 少額のプロバイダ
× ×

特にキャッシュバックキャンペーンでよくありますが、月によって還元金額が変わってくるので注意が必要です。

以上の結果・・

WiMAXのキャンペーンを比較すると高額キャッシュバックを行っているWiMAXプロバイダの方が実質負担料金が安い場合が多く、基本的にはお得になります。

ただ、キャンペーンの金額だけで一概に安いとは言えません。やはり実質負担料金での比較が重要になることを覚えておきましょう!

キャッシュバックと月額割引のお得度を比較

こちらでは、キャッシュバックキャンペーンと月額料金割引どちらがお得なのか、各プロバイダの料金をギガ放題プランで比較していきます。

まずは、キャッシュバック最高額のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用した「実質料金」から見ていきましょう。

キャッシュバック最高額のGMOとくとくBB

GMOとくとくBB
契約月 3,969円(日割)
~3ヵ月目 3,969円
それ以降 4,688円
1年後 キャッシュバック
29,500円
利用総額/実質月額 149,901円/3,945円
※2021年8月調べ
※契約年数は3年

続いては月額割引キャンペーンのプロバイダとも比較していきましょう。

月額割引でお得なSo-net

So-net
契約月 0円
~12ヵ月目 3,700円
~38ヵ月目 4,817円
月額割引 ・長期利用割引(2年目の契約更新月から利用終了まで)月550円割引
・So-net限定割引(1~12ヵ月目は月1,515円、13~36ヵ月目は月550円割引)
利用総額/実質月額 168,239円/4,427円
※2021年8月調べ

上記の通り、キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダの方が利用総額が安くなる傾向にあります。

GMOとくとくBBはキャッシュバックを受け取ればお得になりますが、キャンペーンを受け取れなかった場合「キャッシュバックの還元額=損する金額」ということを忘れないでください!

念のため、高額キャッシュバックを受け取れなかった場合は、どのくらいの料金になるのか、見てみましょう。
                   
WiMAX
プロバイダ
GMO
とくとくBB
利用総額
/実質月額
179,401円
/4,721円

高額キャッシュバックで受け取れなかった場合は、実質月額料金に700円以上の差が生まれてしまいます。1ヵ月で700円と聞くとそんなに大きい額には感じないかもしれませんが、積み重なると数万円にもなります。

いかにキャンペーンの受け取りが重要になるか、わかりますね。

受け取り忘れを防ぐために、WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを申し込む場合はスマホのリマインダー機能を使うなど、忘れないための工夫をすることをおすすめします。

それでは、ここで高額キャッシュバックGMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法をご紹介します。

GMOとくとくBB
キャッシュバック申請方法

キャッシュバック特典の申請は、契約の約1年後になります。端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関する案内メールが届きます。メールの案内に従いキャッシュバックを受け取る口座情報を登録すると翌月末日(営業日)に指定した口座にキャッシュバック額が振り込まれます。

基本メールアドレスはGMOとくとくBBに入会した際に新しく作るメールアドレスです。普段使用しているメールアドレスとは異なるため、迷惑メールに振り分けられないようにするなどご注意ください。

また、キャッシュバックの受け取りには条件があります。振込時期(契約から11ヶ月目)までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されないのでよく確認しておきましょう。

1.WiMAX 2+から別のインターネットサービスへの変更
2.WiMAX 2+の解約
3.未納によるサービス一時停止または強制解約
4.ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合
5.その他GMOとくとくBBが対応困難と認めるものがあった場合

参照:https://gmobb.jp/wimax/cashback/attention/

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りフローは以上です。もちろん、キャッシュバックが絶対に受け取れないということではありません。事実、WiMAXの高額キャッシュバックキャンペーンを受け取っている方はたくさんいらっしゃいます。

しかし忘れてしまう方も多いため、GMOとくとくBBを利用するなら上記のフローはしっかりと確認しておくようにしましょう。


まとめ

ここまで、キャッシュバックキャンペーンと月額料金割引を実施しているWiMAXプロバイダを参考に、「実質料金」「キャンペーン受け取りまでのフロー」を見てまいりました。

WiMAXのキャンペーンには、申込時には「お得そう」という気持ちで申し込み、後になって「キャッシュバックが受け取れず数万円も損した」という方の口コミや評判も多数あります。

そのため、GMOとくとくBBを契約する際も、キャッシュバックの受け取り忘れが起きないようしっかり注意し、お得にWiMAXを契約できるようにしましょう。


最安級のBroadWiMAX

ここまで高額キャッシュバックのGMOとくとくBBと月額料金割引で有名なSo-netをご紹介してきました。どちらもキャンペーンを利用することでお得に契約できますが、実はさらに安いプロバイダがあるんです。

それがBroad WiMAX。ではBroad WiMAXはどれほどお得なのでしょうか?ギガ放題、ギガ放題プラスそれぞれの料金を見ていきましょう。

業界最安級の
BroadWiMAX

BroadWiMAXのギガ放題プラン
契約月 2,999円(日割)
~2ヵ月目 2,999円
~25ヵ月目 3,753円
~38ヵ月目 4,413円
申し込み後 キャッシュバック
5,000円
利用総額/平均月額 147,837円/3,890円
BroadWiMAXのギガ放題プラスプラン
契約月 2,999円(日割)
~2ヵ月目 2,999円
~25ヵ月目 4,634円
~38ヵ月目 5,313円
申し込み後 キャッシュバック
11,000円
利用総額/平均月額 172,919円/4,551円

上記が業界最安級、BroadWiMAXの料金となっています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックほど高額ではありませんが、BroadWiMAXはでも特典が受け取れます。このキャンペーンは申し込み後すぐに申請が可能なため、受け取り忘れる心配がないのが嬉しいポイントですね。

キャッシュバックを確実に受け取り、最安級の料金でWiMAXを利用したいという方にはBroadWiMAXがおすすめです。 それでは、Broad WiMAXのキャッシュバック受け取り方法をご紹介します。

Broad WiMAX当サイト経由限定キャンペーン
キャッシュバック申請方法

1.【当サイト限定キャンペーンはこちら】から特設ページにとび、Broad WiMAXを契約
2.申し込み後に表示されるキャンペーンコードとキャンペーン用urlをメモ(再発行ができません。大切に保管してください。)
3.端末到着後、キャンペーン用urlから申し込み(端末に同封されている書類の契約IDが必要になります。書類の保管をお願い致します。)
4.翌営業日~3日以内にメールにてデジコ券5,000円分を送付いたします。


上記の手順で当サイト限定キャンペーンの申請は完了です。契約後すぐに申請が可能なので、受け取り忘れを防ぐためにも早めに申し込むことをおすすめします。

まとめ

キャッシュバック額はGMOとくとくBBに劣るものの、WiMAXプロバイダとしては最安のBroadWiMAXをご紹介しましたがいかがでしたか?

キャンペーンの受け取り忘れが防げて、かつ実質月額料金が安いBroad WiMAX。損するリスクを少なくして確実にお得に利用したいという方にBroadWiMAXはおすすめとなっています。


ここまで、WiMAXプロバイダ各社の料金を比較してまいりました。

まとめると、キャッシュバックが魅力的なGMOとくとくBBやBroadWiMAXはコスパ重視の方に、そして月額料金が割引されるSo-netは「キャンペーンの手続きは面倒だけどお得に利用したい」という方に向いているプロバイダです。

それぞれのキャンペーンをしっかり理解した上で、自分にどのプロバイダが最適か選びましょう。

BroadWiMAXの
お申し込みはこちら

【番外編】どのWiMAXプロバイダも同じ!速度制限とルーター機種について

当ページでは、WiMAXの契約において最重要項目の1つである「キャンペーン」に特化してご紹介してまいりました。当社が運営する業界初のキャンペーンを実施するWiMAXについてもご理解いただけたかと思います。

ここからは、番外編として、WiMAXの契約で気になる「通信速度」「速度制限」「端末」などの情報についてご紹介していきます。

おさらい!WiMAX2+のエリアと速度は同じ!

まず、WiMAXを契約するうえで、大前提となる利用可能な回線についてです。

ここまでご紹介した各社のキャンペーンや料金プランですが、全てWiMAX2+の回線を使ったサービスであり、それぞれ何ら違いはありません。

2021年に新たに登場した5G回線に関しては未対応のプロバイダもありますが、「WiMAX2+、au 4G LTE」回線は全プロバイダ共通です。

どのWiMAXプロバイダで契約しても、全てUQWiMAXを運営するUQコミュニケーションズ社が保有する回線を使ったサービスなので、いわば各プロバイダは「代理店」のようなものです。

そのため、キャンペーン内容をご紹介したBroadWiMAXやGMOとくとくBBなどの各社WiMAXサービスにおいて「利用エリア」「速度」は同じです。
WiMAX2+

最速下り1.2Gbps

WiMAX2+開始当初は110Mbpsだった速度も新しい技術によって、1.2Gbpsと光回線並みの速度まで進化。ただし、最大速度は利用する端末によって異なります。ここでいう最大速度1.2GbpsはW06という機種の場合を指します。

さらに、5G回線の場合下り最大2.2GbpsとWiMAX2+の約2倍まで高速化しました。

月間無制限!5Gなら3日15GBの速度制限!?

次にWiMAXの気になる速度制限について、見ていきましょう。

お得な月額料金割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンに注目が集まりがちですが、速度制限もポケットWiFi選びで重要なポイントの1つです。

WiMAXの速度制限はギガ放題なら3日10GB、さらに5Gのギガ放題プラスなら3日15GB。 しかし、この制限は他のポケットWiFiやスマホで適用される「超低速の速度制限」とは少し違います。その内容がこちら!

速度制限に至る容量 3日10GB(ギガ放題)/3日15GB(ギガ放題プラス)
制限時の実行速度 1Mbps(Youtubeなどの動画サービスも低画質~通常なら見れる速度)
速度制限の適用期間 3日10GB超過の翌日18時から翌々日2時(たったの8時間のみ!)
通常、速度制限に達すると128Kbpsと超低速になりますが、WiMAXなら1Mbps。Youtubeで動画視聴ができるくらいなので、速度制限といっても大きなストレスにはなりません。

ただし、そんなWiMAXも利用する端末の利用モードや設定方法に注意が必要です。特に重要になる「ハイスピードプラスエリアモード」について、ご紹介しましょう。

最速1.2Gbps!端末情報とハイスピードプラスエリアモードの注意点

先ほど、WiMAX2+は1.2Gbpsとついに通常の光回線並みの速度で利用可能と述べました。それを実現しているのが「ハイスピードプラスエリアモード」という機能。
WiMAX2+だけでなくau4GLTE回線を使うことが可能になる通信モードです。端末の設定を変えることで変更が可能になります。

ハイスピードプラスエリアモードはau4GLTEとWiMAX2+の通信帯域を同時に掛け合わせて通信することで「1.2Gbps」を実現。
このハイスピードプラスエリアモード「WiMAX2+が繋がりにくいエリアやもっと高速に使ってみたい」といったときに非常に役立つのですが、最大のデメリットが1つあります。

それが月間無制限のギガ放題プランでも
7GB制限/月、ということ。

せっかくギガ放題に契約したにも関わらず、結局7GB制限がかかってしまっては元も子もありません。

この速度制限は、一度かかると月末まで解除されないので、「ハイスピードプラスエリアモードを使う際は7GBまで」と決めて、気を付けて使いましょう。

ギガ放題プラスなら、ハイスピードプラスエリアモードを使いすぎてしまった場合でも標準モードは速度制限にかかることなく使うことができます。大容量通信をよくする方はギガ放題プラスの方が安心ですね。

ハイスピードプラスエリアモードは7GBで制限がかかるとお伝えしましたが、WiMAX2+だけのハイスピードモードでも十分な速度であるのは事実です。そのため、WiMAX2+が繋がりにくい状況で一時的にハイスピードプラスエリアモードを使うことは問題ありません。そんな時に便利なのが、「通信モード自動切換」

この機能を活用し、端末上でハイスピードプラスエリアモードの上限を6.9GBと設定しておけば、7GBの制限がかかる前に自動でハイスピードモードに切り替えてくれます。

高速通信を利用する際は7GB容量を守りながら、基本はハイスピードモードで使用するのが、賢い使い方になります。

WiMAX2+のエリアは日々基地局の拡大を行っており、主要都市における人口カバー率は99%まで広がりました。

さらに、速度はWiMAX2+だけでも440Mbpsとなっており、エリア内であれば十分ですので、ハイスピードモード(WiMAX2+だけ)をメインに使えば実質無制限で使えるでしょう。

最後に

お得なキャンペーンに加えて、高速ポケットWiFiが実質無制限で利用できるWiMAXの契約者数は2,000万人を突破し、毎年のように速度スペックも向上中です。

高速通信かつ大容量使うことができ、人気のWiMAX。契約を検討している方は、当ページを参考に各プロバイダを比較し、お得にWiMAXをご契約いただければと思います。



関連記事

  1. 法人でもワイマックスがおすすめ!契約前に知っておきたい情報を徹底解説!

    WiMAX

    法人もWiMAXがおすすめ!契約前に知っておきたい豆知識とおすすめプロバイダは?

    法人契約こそWiMAXがおすすめ!法人WiMAX(ワイマックス)を契…

  2. 無制限プランでも実は速度制限あり?ワイマックスの事実を徹底調査!

    WiMAX

    無制限プランでも実は速度制限あり!?WiMAXの事実を徹底調査

    スマホや、モバイルWiFiでインターネット通信をする際、皆さんが必ず…

  3. ワイマックスツープラスとは?旧回線と徹底比較

    WiMAX

    WiMAXとWiMAX2+の違いとは?速度や通信エリアを比較解説!

    こんにちは!WiMAX for you運営事務局です。当ページでは、…

  4. ワイマックスノハイスピードプラスエリアモードを徹底解説!

    WiMAX

    ハイスピードプラスエリアモードは7GBで通信制限?新プランのプラスエリアモードも解説!

    WiMAXルーターの最速通信モード!ハイスピードプラスエリアモードの…

  5. ワイマックスはデータ通信量制限なしで使い放題!?

    WiMAX

    WiMAXで「本当に無制限」はない!?使い放題かどうか徹底調査!

    無制限にデータ容量を使いたい!そんな方にこそWiMAXがおすすめ …

  6. ワイマックスとエルティイーを比較!どっちのポケットワイファイがおすすめ?

    WiMAX

    WiMAXとLTEおすすめを比較調査!両回線使えるオプションも紹介!

    「WiMAXとLTEって何が違うの?」と疑問の方も多いのではないでし…