WiMAX for you(ワイマックスフォーユー)

menu

インターネット回線全般

さすだけWiFiとは?メリット・注意点とおすすめ契約先2社をご紹介。

最終更新日:

2021年最新情報をお届け!
さすだけ系とは?

最近テレビcmなどでも話題の「さすだけ系」ですが、「さすだけWiFiってなに?」「本当にコンセントに挿すだけで使えるの?」とお考えの方、いらっしゃるのではないでしょうか?

まずこの疑問にお答えすると、さすだけ系は本当にコンセントにつなぐだけでWiFIを使うことができます。

手軽にWiFi環境が整えられるため、一人暮らしや引越しの多い方に最適なWiFi機器ですが、その反面、利用前に確認しておきたい注意点も存在します。

そこで当記事では、今話題の「さすだけ系」について光回線との違いやメリットとデメリットを解説。さらに、「料金の安さ」と「通信速度」、二つの基準別におすすめの契約先もご紹介します。

それでは早速さすだけ系にはどんな特徴があるのか、光回線やポケットWiFiとの違いを見ていきましょう!

コンセントに挿すだけでWiFiが使える!?

さすだけ系はその名の通りコンセントに挿すだけでWiFi環境が作れるルーターのことで、いわゆる据え置き型のホームルーターのことをいいます。

WiFiを利用するにはホームルーターのほかにも光回線やポケットWiFiなどが選択肢として挙げられますが、それぞれと比べるとどのような点が異なるのでしょうか?

まずはさすだけWiFiと光回線・ポケットWiFiとの違いを確認しましょう。

光回線・ポケットWiFiとの違い

そもそもインターネット回線は固定回線とモバイル回線に分けられ、それぞれ通信の仕組みが異なります。固定回線は自宅など屋内の利用場所に回線を直接引き込んで使用するタイプで、光回線は固定回線の一種です。

一方、モバイル回線は無線回線ともいい、電波を利用した通信方式。ポケットWiFiやホームルーターはモバイル回線に該当します。

固定回線かモバイル回線か、またポケットWiFiかホームルーターかによって通信速度などが変わってくるため、インターネット回線の契約時には利用用途や目的に合わせて選ぶことが大切です。

そこで、以下にそれぞれの特徴を簡単にまとめました。

スマホは横にスクロールできます

通信速度
(実測値)の目安
通信の安定性 工事の有無 料金
さすだけWiFi
(ホーム
ルーター)
40~500Mbps
ポケットWiFi
(モバイル
ルーター)
30~100Mbps
光回線 300~600Mbps

さすだけ系はポケットWiFiと同様、ルーターを経由して通信するモバイル回線を利用するため、光回線のように工事が必要ないのが最大の特徴です。

光回線の場合、開通までに約1ヵ月かかり、さらに工事費用も別途必要になることを考えるとホームルーターの魅力がおわかりいただけるのではないでしょうか?

ルーターが届き次第、即日利用できて手軽にインターネットの環境が整うので光回線に代わる選択肢にもなります。

また利用料金も光回線と比べて安価です。光回線の月額料金が4,000~6,000円、ホームルーターが3,000~5,000円なので、通信費を抑えたいという方にもさすだけWiFiは非常に魅力的です。

ただ、ここで一つ注意すべき点があります。それは、通信速度と安定性の面では光回線がさすだけWiFiより優れているということ。そのため、安定した速度と通信が必要な動作をするには光回線が向いています。

ラグが許されないオンラインゲーム、大量のデータ通信をする場合は光回線を選ぶのがよいでしょう。

それではポケットWiFiとは何が違うのかというと、通信速度や安定性、そして持ち運びができるかどうかです。

上記の表をご覧いただくとわかる通り、通信速度と安定性でさすだけ系はポケットWiFiより優れています。光回線ほどではありませんが、ポケットWiFiと比べると速度も安定性も高いのが特徴です。

しかし、さすだけWiFiは自宅など固定の場所で使うもの。ポケットWiFiのように外出先に持ち出しての使用はできません。携帯性という点ではポケットWiFiに劣るということになります。

メリットと注意点で見る!さすだけ系がおすすめの人

それでは上記でご説明した、光回線・ポケットWiFiとの違いも踏まえてさすだけ系のメリットと注意点を見ていきましょう。

メリット 注意点
・工事不要、WiFi環境がすぐに作れて手軽
・光回線より料金が安い
・ポケットWiFiより通信が安定し、接続台数も多い
・光回線ほどの安定性と速度はない
・データ容量が完全無制限ではない
・基本的に持ち運びはできない

先ほどご説明した内容と重複する部分もありますが、ここで確認したいのがデータ容量さすだけ系のホームルーターは、データ容量を完全無制限で使うことはできません。

例えばWiMAXでは、3日で15GBまでという上限があり、これを超過した場合は通信制限の対象として1Mbpsの速度制限がかかります。

契約先によってデータ容量を「制限なし」としているところもありますが、実際のところこれも完全無制限ではありません。

実は月間では特に制限を設けていなくても、短期間で大量のデータ通信をしたり、利用が集中する時間帯は速度制限がかかったりしてしまうことがあります。

その点、光回線はどれだけデータ通信をしても速度制限などは一切ありません。そのためデータ容量を完全無制限で使いたいという場合も、さすだけ系のホームルーターより光回線が向いているでしょう。

以上の点を踏まえて、さすだけWiFiは以下に当てはまる人におすすめということになります。

  • 転勤など引越しが多い人
  • 光回線の工事ができない人やWiFi環境をすぐに整えたい人
  • 速度や通信の安定性、データ容量より料金の安さを重視する人

ここまでのところで、さすだけWiFiについてより理解していただけたのではないでしょうか?

続いては、さすだけ系を利用するならぜひおすすめしたい契約先を2社ご紹介いたします。

おすすめのさすだけWiFi2社

それではさすだけWiFiの契約をご検討中の方に、おすすめの契約先を2社ご紹介致します。今回は「料金の安さ」と「通信速度」の2つの基準で選定しました。

料金の安さで選ぶならモバレコエアー

モバレコエアー
端末
Air ターミナル4 NEXT
対応
ネットワーク
Softbank 4G LTE
最高速度 下り612Mbps
上り記載なし
データ容量 制限なし※
同時接続台数 128台
契約期間 なし
利用料金/月 3,208円
※利用が集中する時間帯は速度制限により通信速度が遅くなる場合があります。

モバレコエアーは26,580円のキャッシュバックも実施しており、さすだけ系の中では利用料金が最安です。 契約できる端末は、ソフトバンクエアーをソフトバンクの公式窓口から申し込んだ場合と全く同じ「Air ターミナル4NEXT」ですが、モバレコエアーならより安く利用できます。

また契約期間もないため、短期での利用を想定している方や縛りなしで利用したい方におすすめです。

通信速度を重視するならWiMAX

BroadWiMAX
端末
Speed WiFi HOME 5G L11
対応
ネットワーク
WiMAX2+、
au 4G LTE、
au 5G
最高速度 下り2.7Gbps
上り183Mbps
データ容量 3日15GB
(月間無制限)
同時接続台数 32台
契約期間 3年
利用料金/月 4,433円~

WiMAXは5Gにも対応しており、最大速度は2.7Gbpsと光回線に劣らないくらい高速。そのうえ、5Gが利用できるWiFiルーターの中ではかなりお得に利用できます。

さすだけWiFiの中では最安のモバレコエアーと比べて、料金が1,000円ほど高くなりますが、「通信速度も大事」という方はWiMAXも一つの選択肢となるでしょう。

Broad WiMAXはモバレコエアー同様、キャッシュバックをおこなっており、その他にも違約金負担キャンペーンや端末代金無料キャンペーンなどキャンペーンが充実しています。

そのため、高速通信をできるだけ安い料金で楽しみたいという方はBroad WiMAXがおすすめです。

さすだけWiFiの契約ならWiFiストア

以上、2つのおすすめサービスをご紹介しましたが、いかがでしたか?

さすだけWiFiをお得に契約するなら「WiFiストア」から申し込むのがおすすめ。WiFiストアでは回線切り替えサービスで解約金を負担をしてくれるキャンペーンも行っており、他社の違約金を30,000円まで負担してくれます。

「今使っているインターネットサービスから乗り換えたいという方にとっては嬉しい特典ですね。

その他にも端末補償サービスなどを行っているので、気になる方はぜひ下記からWiFiストアをご確認ください。

WiFiストアはこちら

よくある質問

ここではさすだけ系WiFiのよくある質問についてご紹介していきます。

Q. さすだけWiFiは本当に挿すだけで使える?

A. 「さすだけWiFi」といわれるホームルーターはポケットWiFiと同様にモバイル回線を利用して通信するため、光回線などの固定回線と違って工事もなく、コンセントにつなげば使用できます。

Q. おすすめの機種は?

A. さすだけWiFiの中でおすすめの機種はWiMAXのSpeed Wi-Fi HOME 5G L11です。5Gに対応しており、最大速度は2.7Gbps。光回線並みの速度で快適にインターネットが楽しめます。

Q. 申し込み時に申請した住所以外の場所に持ち運んで使うことはできる?

A. 挿すだけのホームルーターは、基本的に申し込み時に登録した住所以外で使用することはできません。

特にソフトバンクエアーやドコモのホームルーターなどは契約時に設置住所が決められているため、申請時の住所以外で使用する場合は住所の変更手続きが必要になります。

ただしWiMAXは特に規定がなく、WiMAXのエリア内であれば、外出先のホテルや帰省先でも利用可能です。

以上がよくある質問でした。
それでは最後に当記事でご説明した内容を簡単に振り返っていきましょう。

まとめ

当記事ではさすだけWiFiについて見てきました。

最後に、 このページの内容をまとめると・・・

  • さすだけ系とはコンセントに挿すだけでWiFiが使えるホームルーターのこと
  • さすだけ系は工事不要で即日利用可能という手軽さが魅力
  • 光回線よりは安価で、ポケットWiFiより安定した通信環境が作れる
  • 安定した通信とデータ完全無制限がいいなら光回線が向く



【結論】さすだけは引越しの多い方や安い料金で手軽にWiFi環境を整えたい方におすすめ。 その中でも料金の安さで選ぶならモバレコエアー、速度で選ぶならWiMAX。

最後までご覧いただきありがとうございました。インターネット回線を契約する上で、少しでも参考にしていただければ幸いです。

関連記事

  1. Softbank Airの代理店のキャンペーン・実質月額料金を比較

    インターネット回線全般

    ソフトバンクエアーの最新キャンペーン一覧!おすすめの代理店は?

    ソフトバンクエアーは業界最安値!キャンペーン一覧も掲載中 ソ…

  2. 工事不要で無制限!おすすめNo.1インターネット回線情報!

    インターネット回線全般

    【2021年版】徹底比較!工事不要おすすめインターネット回線はこれ!

    今の時代は固定回線いらず!?月1,500円以上も安い、工事不要な高速…

  3. ホームルーター比較

    インターネット回線全般

    WiMAXをドコモ・ソフトバンクのホームルーターと徹底比較

    ホームルーターといえば工事不要ですぐ使えるのが大きな魅力ですよね。「…