WiMAX for you(ワイマックスフォーユー)

menu

ポケットWiFi

ポケット型WiFiとは?メリット・デメリットから速度・料金までを解説!

ポケットワイファイとは!?基本情報詳しく解説

最終更新日:

スマホやパソコンで日常的に動画の視聴や、SNSを利用される方も多いのではないでしょうか。

中には「自宅でも外出先でもタブレットやパソコンを使いたい」という方や、「テレワークで使えるWiFiが欲しい」という理由でポケット型WiFiの購入を検討している方も多いはずです。

インターネットの使用や動画視聴が当たり前となった今、ネットが自由に使えないのは非常に不便ですよね。

そんなあなたの問題を解決してくれるのがポケット型WiFiなんです。今や1人に1台の保有が当たり前とまで言われているポケット型WiFiですが、初めて持つ方はわからないことも多いはず。

そこで当ページでは、いまさら聞きにくいポケット型WiFiの基本情報からWiMAXのおすすめポイントまで、ご紹介していきます。

最後までご覧いただくと、ポケット型WiFiを全く知らなくても、安心して契約できるほど詳しく知っていただけます。

それではさっそく、契約する前に知っておきたいポケット型WiFiの基本的な情報から見ていきましょう。

そもそもポケット型WiFiとは?

初めてポケット型WiFiの契約を考えている方の中には、「そもそもポケット型WiFiって何?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なんとなく聞いたことはあっても、「WiMAX(ワイマックス)とポケット型WiFiって違うの?」と区別しきれない方も多いはず。

そこで、まずは初めて契約するという方に向けて「ポケット型WiFiとは」という基本的な説明をしていきます。

ポケット型WiFiとは

「ポケット型WiFi」のWiFiとは、無線でスマートフォンやパソコン、ゲーム機などのモバイル端末をインターネットに接続する技術を指します。

auやdocomo(ドコモ)、Softbank(ソフトバンク)各キャリアで契約できるスマホのLTEや4Gとは違う通信回線と覚えておきましょう。

そのWiFiの持ち運びを可能にしたサービスが、モバイルWiFi

このモバイルWiFiを皆さんポケット型WiFiと呼んでいます

ポケットWiFiという言葉自体は、元々Y!mobileが提供するモバイルWiFi端末(ルーター)の商品名でした。しかし、今ではその認識が変わってきており、モバイルWiFiはよくポケット型WiFiと呼ばれます。

つまり本来はY!mobileの商品名だったはずが、今ではau、docomo、Softbank含め、どのモバイルWiFiもまとめてポケット型WiFiと呼ばれているということになります。

そのため、当サイトでもWiFiを持ち運び可能にしたモバイルWiFiを、ポケット型WiFiとして説明します。

少しややこしいお話になりましたが、「インターネットを繋ぐための、持ち運びができる無線通信サービス」と覚えておけば問題なしです。

ポケット型WiFiとWiMAXの違いは?

持ち運びができるWiFiと聞いて、WiMAXを連想する方も中にはいらっしゃるかもしれません。WiMAXとポケット型WiFiでは、何が異なるのかはわからないですよね。

実は、WiMAXもポケット型WiFiの種類の1つ。UQWiMAXが提供するWiFiサービスで、持ち運び可能なモバイルルーター及び、関連サービスを指します。

つまり、WiMAXもdocomoやSoftbankが提供するポケット型WiFi(モバイルWiFi)と同じという認識でOKです。

以上が、ポケット型WiFiの基本的な情報です。ポケット型WiFiは、インターネットを利用するための持ち運び可能な通信サービスとご理解いただけたかと思います。

ポケット型WiFiのメリット・デメリット

ポケット型WiFiにはさまざまな特徴があり、使用する用途によって向き不向きがあります。

ここでは、ポケット型WiFiのメリット・デメリットを解説いたします。どのような場合にポケット型WiFiを使用すればよいかを理解し、あなたの最適な通信回線選びの助けとなれば幸いです。

ポケット型WiFiの3つのメリット

ポケット型WiFiのメリットは以下の3つがあります。 ポケット型WiFiの最大の特徴は、どこでも使えること。端末の電源さえ入れれば、外出先でも使用できるので、WiFiを持ち運んで使用したい場合にぴったりです。

固定回線のように通信回線を開通するための工事も必要ないので、最短で申し込んだその日からWiFiを使用できます

また、他の通信回線に比べて費用が安いのも魅力的です。最安で月額料金1,000円程度から使用することができるので、インターネット回線を安く使用したい方にもポケット型WiFiをおすすめします!

ポケット型WiFiのデメリット

ポケット型WiFiにはメリットがある一方、デメリットもあります。契約してから後悔しないように、以下のデメリットも確認しておきましょう。 ポケット型WiFiには多くの場合、スマホと同様に通信容量があります。回線が混み合うのを避けるため、容量を超えた通信には速度制限がかかるため注意が必要です。

また、ポケット型WiFiは広い範囲に電波を飛ばすことは難しくなっています。そのため、複数の部屋でWiFiを利用する場合は使用しにくいかもしれません。

上記の場合には、固定回線より設置が簡単なホームルーターを使用することもおすすめです。

また、ポケット型WiFiもスマホと同様に、契約期間がある場合がほとんど。期間内の解約には高額な解約金がかかることもあるので、慎重に契約するようにしましょう。

それでは次に、そんなポケット型WiFiとはどのように契約するものなのかを見ていきましょう。

ポケット型WiFiの契約方法は?

ポケット型WiFiは、通信回線を提供するプロバイダと契約することで、国内のサービスエリア内であれば定額料金で簡単にインターネットを利用することができるようになります。その契約方法は、主に以下の2つ。
  • レンタル契約
  • 長期定額契約

日常的に使うのであれば基本的には長期契約がおすすめです。しかし、長期契約は、海外では利用できないものがほとんど。

海外でインターネットを使う場合や、国内旅行などの際に短期で使いたい場合は、レンタルで短期契約する必要があります。

レンタルの場合は、1日や1ヵ月など期間を決めて契約する形になります。 料金としてはレンタルの方が割高になってしまうので、海外や旅行ではなく日常的に使う場合は長期契約がおすすめです。

では、ポケット型WiFiの契約をする際には、どのようなポイントに気を付けるべきでしょうか。

契約時の重要なポイントは「快適さ」と「料金」です。 そこで、快適にインターネットを利用できるかどうかの指標である、ポケット型WiFiの速度と通信制限に関して、ここからお話させていただきます。

高速でインターネットは可能?速度・通信制限を解説!

このページをご覧いただいている方の中には、「ポケット型WiFiって通信速度が遅そう」「ポケット型WiFiは携帯の通信速度よりも遅い」というイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、ポケット型WiFiの通信速度はスマホの通信回線よりも高速なんです。

WiMAXのW06の場合、動画サイトやSNSを閲覧する際に行われる下り通信で、最大速度1237Mbps。もちろんポケット型WiFiの種類によっても速度は変わってきますが、実際Softbankの4G LTE回線は最大でも988MbpsとWiMAXの方が速くなっています。

今お伝えした数値はあくまで理論値ですが、最大速度に比例して通信速度も速くなることがほとんど。そのため、契約前に最大速度をチェックするようにしましょう。
WiMAX2+ 下り最大1237Mbps
Softbankの4G、LTE回線 下り最大988Mbps

そして、もう1つ注意しておきたいのが、速度制限です。

スマホも同様ですが、一定以上のデータ通信量を利用してしまうと速度制限がかかってしまいます。 そのためWiMAXのような、データ通信量が無制限に近いポケット型WiFiを選ぶのがおすすめです。

ここまでは、ポケット型WiFiの通信速度についてご説明しました。 スマホと比較すると、ポケット型WiFiは速度が遅いと思われがちです。しかし、今ではポケット型WiFiを使うとより高速でインターネットを利用することができます。

そうであれば、速度に関して心配という方も、安心して快適にポケット型WiFiを利用できますよね。

そして次からは、そのポケット型WiFiの契約にあたって知っておきたい料金についてご説明していきたいと思います。

実質月額料金が安いWiFiがおすすめ

ここまでのお話で、ポケット型WiFiがどれだけ便利かということはご理解いただけたかと思います。そうは言っても、やはり最も気になるのはその月額料金ですよね。

光回線などの固定回線と、無線型のポケット型WiFiでももちろん料金は違ってきます。また、ポケット型WiFiの中でも、プロバイダによって料金が異なるんです。

ここからは、安いポケット型WiFiの選び方をお伝えします。

光回線とポケット型WiFiの料金

日常的にポケット型WiFiを使う場合、契約方法は長期契約という形です。この契約形態においてポケット型WiFiは定額制の月額料金となります。

目安としては、月額で3,000円~5,000円前後でインターネットの利用が可能です。

それでは、この料金が安いのか高いのか。 有線の光回線の場合は月額4,000円~6,000円前後。1ヶ月あたり1,000円安くなると、年間12,000円程も安くインターネットを利用できる計算になります。

節約できた分で、ポケット型WiFiを持って国内旅行もできます。 より安くインターネットを利用したい方は、ポケット型WiFiがおすすめです。
光回線を利用する際の注意点
光回線は引込工事が必要となり、別途数万円単位での工事費用が発生してしまいます。工事費は月々の割引で相殺されていることも多いのですが、その相殺期間は2年と長め。

そのため、急な引っ越しや、2年以内に他社プランへ乗り換えをするときは、残りの工事費を一括で支払う必要があります。

そういったリスクも加味すると、料金面に関しては、ポケット型WiFiに分があると言えます。「長く使うネット回線だからこそ、少しでも安くしたい」という方はポケット型WiFiがおすすめです。

プロバイダの料金は「実質月額」で比べる

ポケット型WiFiのプロバイダの間でも、料金が異なります。なぜなら、プロバイダによっては、月額料金割引やキャッシュバックなど異なるキャンペーンを行っている場合があるから。そのため、単純な月額料金の比較はもちろん重要ですが、ポケット型WiFiを選ぶ際には実質月額料金も重要になります。

これを知らないと、月額料金が安いポケット型WiFiを選んだのに実質月額料金では数万円損してしまうという失敗も。。。

当サイトでは、ポケット型WiFi各プロバイダのキャンペーンを含めた実質月額料金を比較し、最安のポケット型WiFiをご紹介しています。お得にポケット型WiFiを契約したい方は、ぜひご覧ください。

徹底比較!
最安のポケット型WiFiは
こちら


まとめ

これまでの内容で、ポケット型WiFiについての理解を深めていただけたのではないでしょうか。

単にポケット型WiFiと言っても、回線から料金まで違いは様々。その違いを理解していただくと、あなたにあったポケット型WiFiを選べることでしょう。

当サイトでは実質月額料金をはじめ、通信容量や通信速度までを徹底的に比較し、おすすめのポケット型WiFiを紹介しています。安くて快適なインターネット回線を実現したい方は、ぜひご覧ください!

おすすめのポケット型WiFiを見る

関連記事

  1. 動画SNS放題
  2. Rakuten WiFi Pocketはおすすめ?最新キャンペーンや口コミを紹介!
  3. ZeusWiFi徹底解説

    ポケットWiFi

    Zeus WiFi(ゼウスワイファイ)はおすすめなのか徹底解説

    「Zeus WiFi(ゼウスワイファイ)」は月額料金が安く、データ容…

  4. それがだいじWiFiのキャンペーンや評判、メリット・デメリットを解説!
  5. ポケットワイファイのおすすめ乗り換え先を紹介!
  6. おすすめはどっち?ワイマックスとドコモのポケットWiFiを比較!

    ポケットWiFi

    ドコモのポケットWiFiはおすすめ?WiMAXとの比較結果を公開!

    ドコモのポケットWiFiはおすすめ?5G無制限プランをWiMAXと徹…