WiMAX for you(ワイマックスフォーユー)

menu

WiMAX

お得なキャンペーンはある?UQ WiMAXのメリット・デメリット

最終更新日:

WiMAX(ワイマックス)は数あるポケットWifiの中でも非常に人気のサービス。その契約者は3,500万人を誇ります。WiMAXの販売会社「UQ (ユーキュー)」はテレビcmでもおなじみですよね。

そんなWiMAXですが、実はUQ以外にも20社以上の販売代理店(プロバイダ)があり、契約の際にはプロバイダ選びが非常に重要になります。

そこで今回はUQ WiMAXのキャンペーンや料金体系からUQで契約するメリット・デメリット、さらに最安値で利用できるプロバイダまでご紹介いたします。

UQ WiMAXで契約するかどうかお悩み中の方必見です!

それでは詳細にいく前にそもそもWiMAXとは何なのかというところからご説明していきます。

「WiMAXについては既に知っている」という方はこちらからUQ WiMAXの詳細に移動できます。

そもそもWiMAXとは

UQ WiMAXはKDDIグループの会社「UQコミュニケーションズ」が提供するサービスです。WiMAX以外に「UQ Mobile」というスマートフォンのサービスも販売しています。

実はよく誤解されているのですが、WiMAXはサービス名ではなく回線のこと。「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称で無線インターネット回線の一つです。大手キャリアのauやドコモ、ソフトバンクなど携帯電話で使用する4G LTEや5Gとは別の回線となっています。

WiMAX回線とキャリア回線の違いは電波の周波数帯域。WiMAXの現在のメイン回線WiMAX2+が利用する周波数帯は2.4GHzと5GHz

5GHzは4G LTEなど他の回線より高い周波数帯で、通信速度が速いというメリットの反面、遮蔽物に弱い特性があるため山間部や地下でつながりにくくなったり圏外になったりするというデメリットもあります。反対にau・ドコモ・ソフトバンクの回線は低周波数帯を利用しているため障害物に強く、通信の安定性が高いという特徴を持っています。

「じゃあWiMAXは安定性が低いの?」「地下で使えなくなったりするの?」と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配はいりません。
WiMAXサービスはKDDIグループの傘下であるためauの回線が利用可能。詳細については後ほど見ていきますが、通信面や安定性で質が悪いということはありません。

またWiMAXサービスを提供する大元はUQ WiMAXですが、私たち消費者が契約する際の申し込み窓口(プロバイダ)はUQ WiMAXをはじめ合計20社以上あります。

プロバイダはUQの販売代理店としてWiMAXサービスを提供しているため、どのプロバイダを選んでも販売しているのは同じWiMAXサービス。

どの窓口で契約しても通信速度やエリア、つながりやすさに違いはなく、プロバイダが違うからといって「遅い」「繋がらない」ということはありません。各プロバイダによって異なるのは料金のみです。

同じサービスでもプロバイダによって利用料金の総額は約4万円も変わってくる場合があるため、WiMAXを利用する際はプロバイダ選びが非常に重要になります。

WiMAXを契約するときはプロバイダごとのキャンペーンと利用料金を見るのが大事!」と覚えておきましょう。

WiMAXについてわかったところで、続いてはUQ WiMAXのサービス内容を詳しく見ていきます。

一般的にWiMAXの各プロバイダはキャッシュバックや月額料金の割引など様々なキャンペーンを実施しており、キャンペーンを利用することで料金がよりお得に。

ところが、UQ WiMAXは他のプロバイダと比べてキャンペーンに関する情報が少なくなっています。

そこで続いてはUQ WiMAXにははキャンペーンがあるのか?あるならどんなキャンペーンなのか、というところを見ていきたいと思います。

UQ WiMAXにキャンペーンはある?料金をチェック

ここからはUQ WiMAXのキャンペーンとプラン内容、料金について詳しくいていきます。

早速キャンペーンからチェックしていきましょう。

UQのキャンペーンは?

WiMAXをお得に利用するために重要なのがキャンペーンや料金。そこで当サイトで調査した結果、UQ WiMAXは他のプロバイダと比べて少ないが、キャンペーンはあるということがわかりました。

現在UQ WiMAXで確認できたキャンペーンは以下の二つです。

  • 「WiMAX +5Gはじめる割」
  • 5,937円キャッシュバック

「WiMAX+5G はじめる割」はWiMAXの5G向けプラン「ギガ放題プラス」に加入した場合に2年間月額料金が550円割引されるというもの。月額料金が割引されるキャンペーンなので、手続きなどをしなくても自動で料金を差し引いてくれるのが魅力です。

そしてもう一つが5,937円のキャッシュバック

こちらはギガ放題プラスで利用できるモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wifi(SCR01)」、またはホームルーターの「Speed Wifi Home 5G L11(L11)」をUQのオンラインショップから申し込んだ際に受け取れる特典です。

UQ WiMAXは店舗で新規申し込みの受付もしていますが、このキャッシュバックはオンラインショップ限定なので注意が必要です。詳しくはUQの公式サイトをご確認ください。

WiMAXのプラン内容

UQにはキャンペーンがあるということがわかりましたが、プラン内容はどうなっているのでしょうか?

続いてはギガ放題プラスプランの詳細と月額料金を確認していきましょう。

ギガ放題プラスプラン
(WiMAX+5G)
端末 Galaxy 5G mobile Wifi(SCR01)
Speed Wifi Home 5G L11(L11)
対応回線 WiMAX2+、au 4G LTE、5G
最高速度 2.2Gbps(SCR01)
2.7Gbps(L11)
データ通信量 無制限
月額料金 4,268円
(割引後)
初期費用
(事務手数料)
3,300円
解約金 1,100円
※ギガ放題プラン、ライトプランの新規申し込みは終了しています。

まずはプランの詳細と、従来のギガ放題プランから進化した点について見ていきましょう。

まず、ギガ放題と5Gのギガ放題プラスで大きく変わったのは最高速度データ通信量です。

ギガ放題プラスは5G回線にも対応していることから最高速度はホームルーターで2.7Gbps、モバイルルーターでも2.2Gbpsと高速化しました。

光回線の最高速度が1~2Gbpsであることを考えると、工事不要の無線インターネットでこの速度は驚異的ですね。

ただ、この最高速度はあくまで理論上の数値。実際に利用していてこの速度が出ることはありません。

それでも一般的にYoutubeを高画質で見る際に必要な通信速度は5~10Mbpsなので、最高速度が出なくても十分快適に利用できるでしょう。

そしてデータ通信量。月間無制限の点は変わらないものの、3日間での制限がギガ放題では10GBだったのが3日15GBと緩和。さらに無制限となりました。

3日15GBでも月に換算すると150GB以上とかなりの容量でしたが、ギガ放題プラスは無制限とさらに大容量通信が可能となっています。

15GBがどのくらいのデータ容量なのかというのがイメージがつかない方もいらっしゃるかと思いますので簡単にまとめました。以下の表をご覧ください。

15GBでできること
メール 約3万通
Twitter
タイムライン閲覧
約60時間
ニュースサイト
などの閲覧
約5万ページ
Youtube視聴(720p) 15時間

上記が3日できるというと、容量の大きさをイメージしていただけるのではないでしょうか?

他の格安ポケットWifiでも月で100GBなど無制限に近い大容量プランを提供していますが、WiMAXのギガ放題プラスはその中でも群を抜いています。

YoutubeやNetflixなどで動画視聴をすることが多い方やオンラインゲームが好きな方にとっては嬉しいポイントですね。

また、WiMAXのギガ放題からギガ放題プラスで進化した点がもう一個あります。それが通信オプションの制限です。

ギガ放題ではauの回線が利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」というLTEオプションの通信量上限は月7GBでした。それがギガ放題プラスでは月15GBと、データ通信量が2倍以上に拡大しました。

さらに、これまではLTEオプションのデータ通信量を上限まで使い切るとLTEの通信モードだけでなく標準モードも速度制限の対象となっていました。

速度制限にかかった時の速度は128Kbps。これはスマホの通信制限時と同程度の速度で、ウェブサイトの閲覧も快適にできないほど低速です。しかもこの通信制限は月末までとなっています。

しかし、ギガ放題プラスでは通信オプション(プラスエリアモード)の上限に達しても標準モードは制限されません。

そのためプラスエリアモードを使い切っても標準モードはいつも通りWiMAX2+、au回線で通信することができます。

速度制限もギガ放題のように128Kbpsにはならないため、速度制限の対象となるのは大容量通信をした場合のみ。またその時の通信速度は1Mbpsです。

ここまでギガ放題とギガ放題プラスの通信速度やデータ通信量に関して主にお話してきました。上記のプラン内容についてはUQ WiMAXだけでなく、どのプロバイダでも同じとなっています。

それでは続いて、UQ WiMAXの料金について詳しく解説していきます。

料金について

UQ WiMAXの月額料金は2年間4,268円となっています。

UQで契約する場合はそれに加えて初期費用(事務手数料)と端末代金が必要になります。初期費用は3,300円、端末代金は21,780円です。

正直にお伝えすると、UQ WiMAXの利用料金は他のプロバイダより高く、あまりおすすめできません。

初期費用は基本的にどこのプロバイダでも必要になる料金ですが、端末代金は無料で利用できるプロバイダもあるためUQの利用料金は総じて高くなっています。

UQと他プロバイダの料金の詳細については【最安で利用できるおすすめプロバイダをご紹介】

ここまでUQのキャンペーンとWiMAXプランの内容、利用料金について見てきました。
それでは数あるプロバイダのうちUQで契約するメリット・デメリットは何なのでしょうか?

上記の点も踏まえたポイントをチェックしていきましょう。

UQで契約するメリット・デメリット

ここからはUQ WiMAXのメリット・デメリットをご紹介します。

まずはメリットから見ていきましょう。

メリット

Try WiMAX(トライワイマックス)」で無料お試しレンタルができる

Try WiMAXはWiMAXを15日間無料でお試しできるサービスです。

実際にレンタルし、自分で使い心地をチェックできるので安心して契約できるのは大きなメリットですよね。

「WiMAXを使ってみたいけど利用環境が通信可能エリアかわからなくて不安」「通信速度や安定性を確かめるためにお試ししてみたい」という方はぜひご利用ください。

解約金が安い

続いてのメリットは解約金が安いことです。UQ WiMAXの解約金は1,100円。

ほとんどのプロバイダで解約金は1万円~で高い場合では約3万円に設定されているため、それと比べるとUQ WiMAXの解約違約金は非常に安いことがわかります。

UQ WiMAXは契約年数が2年ですが、違約金が1,100円なら契約期間に縛られることなく解約しやすいですよね。短期で利用したい方契約期間に縛られたくない方にとっては嬉しいポイントです。

サポートが充実している

UQ WiMAXはサポート体制も魅力の一つです。UQは全国に実店舗を持っており、新規申し込みや機種変更、修理受付などをおこなっています。

実は他のWiMAXプロバイダは実店舗がない、もしくはあっても少なく、Webに特化しているところが多くなっています。

対面でのサポートが受けられるのはUQ WiMAXならではの魅力。販売員に会って話をしたい、対面でのサポートが安心という方はUQ WiMAXがおすすめです。

また、電話での問い合わせも受け付けており、9:00-20:00は年中無休で対応しています。

それでは次にデメリットも確認していきましょう。

デメリット

キャンペーンや特典が少ない

UQ WiMAXのデメリットの一つ目はキャンペーンが少ないことです。

UQ以外の販売店やプロバイダは10,000円のキャッシュバックやLTEオプションの無料利用、端末代金0円など様々なキャンペーンを実施。

それに対しUQ WiMAXのキャンペーンは「WiMAX+5Gはじめる割」と5Gルーターのキャッシュバック5,937円のみとなっています。

キャンペーンや特典はWiMAXをお得に利用するために重要な要素となっているため、キャンペーンが少ないのは残念ですね。

料金が高い

上記に付随するデメリットが利用料金の高さ。UQ WiMAXは月額料金に加えて端末代金がかかります。値段は21,780円となっており、その分総額の料金も高くなります。

実際に他のプロバイダと比較したところ、他の窓口から申し込んだほうがWiMAXをより安く利用できることがわかっています。

同じサービスを利用するならより安い方がいいですよね。その点、料金が高いというのは大きなデメリットと言えるでしょう。

ここまでUQ WiMAXのメリット・デメリットをご紹介しましたがいかがでしょうか?

正直にお伝えするとUQ WiMAXはデメリットがメリットを上回るため、あまりおすすめはできません。

とはいっても他のプロバイダと比べて具体的にどれくらい高いのか?公式サイトを見るだけではわからないですよね。

また、UQ WiMAXが高いなら安く利用できるプロバイダはどこなのか気になる方もいらっしゃると思います。

そこで、続いてはUQ WiMAXを各プロバイダの利用料金を比較した結果と最安値のプロバイダをご紹介します。

最安で利用できるプロバイダをご紹介

WiMAXはどこから申し込んでも同じサービスのため、キャンペーンと料金でプロバイダを選ぶことが重要と冒頭でお伝えしました。

料金をもう少し具体的にいうと、WiMAXのプロバイダを見る際はキャンペーンを加味した実質料金での比較が重要になります。

実質料金とは以下の計算式で算出したもの。
月額料金×契約月+その他費用(初期費用etc)-割引(キャッシュバック)=支払い総額
支払い総額÷契約月⁼実質月額料金

この実質料金で各プロバイダを比較することで最も安い契約先を見つけることができます。

当サイトで各プロバイダの実質料金を算出し、表にまとめた下記の表をご覧ください。現在のWiMAXのメインプラン「ギガ放題プラス」で比較しています。

※スクロールできます  

プロバイダ キャッシュバック 実質月額料金 総額
UQ WiMAX 5,937円 4,879円 117,096円※1
Broad WiMAX 5,000円※2 4,494円 161,784円
GMOとくとくBB 4,421円 159,156円
カシモWiMAX 4,421円 159,156円
Vision WiMAX 5,000円 4,527円 162,972円
BIGLOBE 10,000円 4,385円 52,620円※1
ワイヤレスゲート 10,000円 4,571円 164,556円
hi-ho 5,588円 201,158円
au 5,765円 207,540円
DISM WiMAX 5,176円 186,336円
jcom 4,845円 174,420円
KT WiMAX 5,176円 186,336円
エディオン 5,176円 205,776円
BIC WiMAX 4,571円 164,556円
Yamada Air Mobile 5,176円 186,336円
プロバイダ キャッシュバック 実質月額料金 総額
UQ WiMAX 5,937円 4,879円 117,096円※1
Broad WiMAX 5,000円※2 4,494円 161,784円
GMOとくとくBB 4,421円 159,156円
カシモWiMAX 4,421円 159,156円
Vision WiMAX 5,000円 4,527円 162,972円
BIGLOBE 10,000円 4,385円 52,620円※1
ワイヤレスゲート 10,000円 4,571円 164,556円
hi-ho 5,588円 201,158円
au 5,765円 207,540円
DISM WiMAX 5,176円 186,336円
jcom 4,845円 174,420円
KT WiMAX 5,176円 186,336円
エディオン 5,176円 205,776円
BIC WiMAX 4,571円 164,556円
Yamada Air Mobile 5,176円 186,336円

1※UQ WiMAX、BIGLOBEの契約年数はそれぞれ2年、1年のため、総額料金が安くなっています。その他のプロバイダの契約年数は3年です。
2※Broad WiMAXは当サイト経由でのお申し込み限定のキャンペーン

他社プロバイダと比較した結果、UQ WiMAXの実質月額料金は16社中8番目の安さとなりました。また、表から最安値はGMOとくとくBBとカシモWiMAX、次いでBroad WiMAXであることがわかります。

また、実質月額料金をUQ WiMAXと比較してみるとその差は月々約450円。1ヵ月単位ではそこまで大きな差ではありませんが、3年で計算すると約16,000円以上変わってきます。

安いプロバイダを選ぶことでこれだけ出費を抑えることができるということですね。

以上がUQ WiMAXと他社プロバイダとの比較でした。この比較結果を踏まえて、WiMAXを安く利用するならBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXはキャンペーンやサービスが充実しており、キャッシュバックだけでなく他社回線から乗り換え時の違約金負担や口座振替にも対応しているプロバイダです。

「できるだけ安くWiMAXを使いたい!」という方はBroad WiMAXも検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はUQ WiMAXのキャンペーンからプラン内容、他社プロバイダとの比較結果まで盛りだくさんでお伝えしてきました。

ここまでの内容を簡単にまとめると下記のようになります。

  • WiMAXは販売店が20社以上あるため、料金で見比べることが重要
  • UQ WiMAXの魅力は無料お試しサービスとサポート体制の充実度、解約金の安さの3つ
  • デメリットはキャンペーンや特典が少なく、利用料金が高いこと
  • WiMAXを安く利用したい方はBroad WiMAXがおすすめ

当サイトでは料金を指標としてBroad WiMAXをおすすめしていますが、UQ WiMAXにも本家ならではの魅力があります。メリット・デメリットをしっかり考慮したうえで納得して契約する際の参考にしていただければ幸いです。

UQ WiMAX の
公式サイトはこちら
Broad WiMAXの
詳細はこちら

関連記事

  1. ワイマックスノハイスピードプラスエリアモードを徹底解説!

    WiMAX

    ハイスピードプラスエリアモードは7GBで通信制限?新プランのプラスエリアモードも解説!

    WiMAXルーターの最速通信モード!ハイスピードプラスエリアモードの…

  2. 口座振替ができるWiMAXは?

    WiMAX

    口座振替ができるWiMAXは?おすすめのプロバイダをご紹介

    WiMAXの支払いはクレジットカードが一般的ですが、一部のプロバイダ…

  3. WiMAX

    W06はおすすめ?他の端末と徹底比較!

    <2019年1月発売>最大速度1.2GbpsのルーターW062…

  4. so-net wimaxはおすすめか検証

    WiMAX

    他社との比較で徹底検証。So-net WiMAXはおすすめ?

    「So-net(ソネット)」といえば光回線が主流ですが、WiMAXサ…

  5. ジーエムオーとくとくビービーのワイマックスの料金プラン、キャンペーン、口コミを徹底解説

    WiMAX

    GMOとくとくBBのWiMAXのキャンペーンは?評判や注意点も解説

    「GMOとくとくBB」は、高額なキャッシュバックキャンペーンが特徴の…

  6. WiMAX

    一人暮らしの方こそWiMAXがおすすめ!選ばれる理由とは?

    一人暮らしにおすすめ!安くインターネットを使うならWiMAX!この…